1月30日(金)の大雪等への対応に関するお知らせ
1月30日(金)の大雪等への対応に関するお知らせ

在学生、教職員の方へ

1月30日(金)の大雪等への対応に関するお知らせ

1月30日(金)に、大雪等の状況となった時の授業の扱いは下記の通りとします。

【下記のいずれかの場合に、授業を臨時休講とします。】
(1)神奈川県又は東京都に特別警報が発令された場合

 1)午前7時の時点で警報が解除されていない場合には、午前の授業を休講とします。
 2)午前10時の時点で警報が解除されていない場合には、第V限の授業を休講とします。
 3)正午の時点で警報が解除されていない場合には、第W限以降の授業を休講とします。


(2)神奈川県東部(横浜・川崎地域)および東京23区西部の双方に、
   暴風警報・大雪警報・暴風雪警報の内、いずれか一つの気象警報が発令された場合 

 1)午前7時の時点で警報が解除されていない場合には、午前の授業を休講とします。
 2)午前10時の時点で警報が解除されていない場合には、第V限の授業を休講とします。
 3)正午の時点で警報が解除されていない場合には、第W限以降の授業を休講とします。


(3)公共交通機関が運休となった場合
   JR南武線、東急田園都市線の両方が全面不通となった場合。

 1)午前7時の時点で運転が再開されていない場合には、午前の授業を休講とします。
 2)午前10時の時点で運転が再開されていない場合には、第V限の授業を休講とします。
 3)正午の時点で運転が再開されていない場合には、第W限以降の授業を休講とします。


なお、事故・故障などによる一時的な交通機関の停止・遅延は臨時休講の対象とはなりません。