降雪時における学年末試験等の取扱い

2013/2/5

学生・教職員の皆さんへ  

降雪時における学年末試験等の取扱い

 

明日降雪の予報が出ていますが、降雪時における学年末試験等の取扱いについては、下記休講の取扱いと同一とします。なお、試験中止の場合等の当日に今後の取扱いについてはHP上にて別途連絡しますのでご参照下さい。なお、試験が中止にならない場合においても、交通機関の大幅な乱れが予想されるので、早目の行動を心掛け且つ慎重な通学をお願いします。

【下記のいずれかの場合に、授業を臨時休講とします。】
(1)
神奈川県東部(横浜・川崎地域)および東京23区西部の双方に、暴風警報・大雪警報・暴風雪警報の内、いずれか一つの気象警報が発令された場合

  1)午前7時の時点で警報が解除されていない場合には、午前の授業を休講とします。
  2)午前10時の時点で警報が解除されていない場合には、第V時限の授業を休講とします。
  3)正午の時点で警報が解除されていない場合には、第W時限以降の授業を休講とします。

(2)
自然災害や交通ストライキによって交通機関の運行が停止した場合
JR南武線、東急田園都市線の両方が全面不通となった場合。

  1)午前7時の時点で運転が再開されていない場合には、午前の授業を休講とします。
  2)午前10時の時点で運転が再開されていない場合には、第V時限の授業を休講とします。
  3)正午の時点で運転が再開されていない場合には、第W時限以降の授業を休講とします。

なお、事故・故障などによる一時的な交通機関の停止・遅延は臨時休講の対象とはなりません。

洗足学園音楽大学
洗足こども短期大学