アドミッションポリシー

本学の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

平成29年4月1日

建学の精神

「若き学徒をして、真の人生の目的に目覚めさせ、さらに人間の天職を悟らせ、謙虚にして慈愛に充ちた心情(謙愛の徳)を養い、気品高く、かつ実行力に富む有為な人物を育成する」

目的

本学は教育基本法および学校教育法にのっとり、深く専門の学芸を教授研究し、その実際的専門的な能力を養うとともに、幅広い教養を培い、建学の精神に基づいて人格を陶冶し、謙愛の徳を備え、気品高く、国際的視野に立ち、実行力に富む人材を育成し、もって文化の向上に寄与することを目的とします。

人材養成及び教育研究上の目的

幼児教育保育科は、専門分野の知識・技術を修得するとともに、豊な人間性と実行力を備え、自立した人間として職業又は実際生活に必要な能力を有する人材を育成し、もって社会の発展に寄与することを目的とし、次の各号にかかげる事項を教育目標とします。
(1) 幼児教育・保育に関しての幅広い専門知識と実践力を備え、保育者としての責任感および自覚を持った人材を養成すること。
(2) 創造的な表現力、コミュニケーション能力、社会性を備えた豊かな人間性を涵養すること。
(3) 幼児教育・保育を担う人材の育成及び教育研究については、その成果を提供することによる地域社会への貢献を視野に入れ取り組むこと

アドミッション・ポリシー

 本学は、建学の精神に基づき、豊かな人間性と実行力を備えた保育者を養成しています。専門的知識と技術の修得に必要となる基礎学力を備え、保育者になるという夢の実現に向けて強い意志を持って努力できる人を求めています。   具体的に求める人物像は以下の通りです。

(1)保育者として社会に出て自立して活動することを目指し、そのために必要な教養と専門性、柔軟な思考力と的確な判断力を身につけるための熱意と向上心があり、主体的に努力することができる人。

(2)自分の意見を発信することができる一方で異なる多様な意見も尊重し、他者と明朗活発にコミュニケーションを図りながら協力して授業や行事に取り組むことができる人。。

(3)子どもと子どもを取り巻く社会や文化に関心を持ち、自らの問題意識に基づいて積極的に探求を行い、読む・書く・聴く・話す力、および創造的な表現力を主体的に身につけることができる人。

(4)保育者としての自覚と責任感を持つことを意識し、多様な環境に順応できるように努め、心身の健康管理に留意できる人。

入試区分と選考方針

アドミッション・ポリシーを踏まえて、本学の入学者選抜方法の入試区分と選考方針は次の通りです。
入試区分 選考方針
AO入学試験 本学を専願とし、本学が定めた基準を満たす者で本学の建学の精神、目的、人材養成及び教育研究上 の目的に共感する者で、かつ、保育に強く熱意を抱く者を対象とします。丁寧な面談、作文により、他 の入試では判断しがたい受験生の能力や意欲、将来性なども審査・評価し、出願書類(調査書等)も 含めて、総合的に選考します。
指定校
推薦入試
本学を専願とし、高校時の学業成績等について本学が定めた基準を満たす者のうち、本学が選定した高校から推薦された者で本学の建学の精神、目的、人材養成及び教育研究上の目的に共感する者で、かつ、保育に強く熱意を抱く者を対象とします。面接、出願書類(調査書)により審査・評価し、本学が指定した高等学校との信頼関係を基本として、総合的に選考します。
公募推薦
入学試験
本学を専願とし、高校時の学業成績等について本学が定めた基準を満たす者で本学の建学の精神、目 的、人材養成及び教育研究上の目的に共感する者で、かつ、保育に強く熱意を抱く者を対象とします。 面接、出願書類(調査書)により審査・評価し、総合的に選考します。
一般入学
試験
本学の建学の精神、目的、人材養成及び教育研究上の目的を理解する者を広く対象とします。面接、小 論文、出願書類(調査書等)により審査・評価し、総合的に選考します。
社会人特別
入学試験
本学を専願とし、本学が定めた基準を満たす者で本学の建学の精神、目的、人材養成及び教育研究上 の目的に共感する者で、かつ、保育に強く熱意を抱く者を対象とします。面接、出願書類(調査書等) により審査・評価し、総合的に選考します。
○お問い合せ先
洗足こども短期大学 入試センター
TEL:044-856-2955