保育士修学資金貸付制度

制度概要

保育士養成施設に在学し、保育士資格を取得して、卒業後は保育士業務に従事しようとする学生に対し、各自治体が社会福祉協議会を通して無利子で修学資金の貸付けを行う制度。一定の条件を満たせば全額返還免除となります。

貸付金額(代表的な例)

修学資金:月額5万円以内 総額120万円以内(貸付期間1年の場合は60万円以内)
入学準備金:20万円以内(任意)
就職準備金:20万円以内(任意)
生活費加算(別途定める要件を満たす方のみ上乗せして貸付を受けることが可能):生活扶助基準額の居宅(第1類)のうち、申込者の貸付申請時における居住地及び年齢に対応する区分の額に相当する額(千円未満切捨)

返還免除の条件

本学卒業後1年以内に保育士登録をし、5年間継続して各自治体内の指定する保育所等において保育士業務に従事することで貸付金の返還が全額免除されます。
※貸付金額や期間、返還免除の条件等は各自治体によって異なります。詳細は各自治体の社会福祉協議会のホームページをご確認下さい。


本学学生の採用実績(2016~2018年度)

46名(神奈川県、横浜市、川崎市、東京都、埼玉県、千葉県、静岡県、茨城県)