入試情報Q&A

AO入試における面談について教えてください。

本学の教員2名に対し受験生1名の形式で、1名に対し20分程度行います。
他の入試の面接よりも丁寧に時間をかけて行います。「面接」ではなく
「面談」ですから、ぜひご自身からも積極的に教員と「対話」をしてください。
面談において質問された主な項目は以下の通りです。
「志望の動機」/「高校生活」/「将来について」/「印象に残った書物」など。
また、試験当日に記入した作文の内容についても質問される場合があります。

AO入試における、過去の作文課題について教えてください。

過去に出題された主な作文課題は以下の通りです。
「子どもと絵本」について/「子どもと友達」について/「本当の豊かさとは何か」について/「私が社会に貢献できること」について/「あなたが今、子どもたちに教えたいと思うこと」について/「私が今までで一番努力したこと」について/「チームワークの大切さ」について/「人と関わる仕事に求められること」について/「私が失敗や苦労から学んだこと」について/「私が今までで一番感動したこと」について/「私が日頃から心がけていること」についてなど。

面談時にメモなどは持ち込めますか?

メモの持ち込みはできません。

推薦入試・一般入試における面接について教えてください。

本学の教員2名に対し受験生1名の形式で、1名に対し10分〜15分程度行います。
面接において質問された主な項目は以下の通りです。
「志望の動機」/「高校生活」/「将来について」/「印象に残った書物」など。

一般入試における、過去の小論文課題について教えてください。

過去に出題された主な小論文課題は以下の通りです。
●「あなたが実践したい幼児教育」について、自分の考えを具体的に論じなさい。
●「信頼を得るために必要なこと」について、自分の考えを具体的に論じなさい。
●「読書の大切さ」について、自分の考えを具体的に論じなさい。

指定校推薦入試はありますか?

本学では指定校推薦入試も実施しています。
指定校推薦入試の詳細については、該当する各高等学校宛に通知を発送していますので、在籍中の高等学校にお問い合わせください。

病気で長期入院していたことがあり欠席日数が多いのですが、推薦入試は出願できますか?

本学では、出願資格に遅刻日数・欠席日数等の基準は設けていませんので、
各入試区分の出願資格を満たしていれば出願は可能です。
しかし、保育者としての適性を見るにあたり、遅刻や欠席が多い場合には面接で理由を尋ねられる場合があります。

出願に必要な調査書は、合否の判定にどのように関わりますか?

本学の入試では、出願資格の一部として評定平均値の基準を設けている場合を除き、AO・推薦・一般ともに調査書の扱いは「参考程度」です

ピアノが弾けないのですが、入試において影響がありますか?

ピアノが弾けるかどうかが合否に直接影響することはありません。
実際に、ピアノに触ったことがないという方も毎年多数入学しています。本学の特色の一つとして、音楽大学の講師によるピアノレッスンがあり、それぞれのレベルに合った指導を行いますので、初心者でも卒業までに高い技術を身につけることができます。

遠方から受験する者ですが、入試の際に宿泊の斡旋はしていただけますか?

入試要項内にて、本学近辺のホテルのご案内をしています。割引料金にて宿泊できるところもあります。詳細は、入試要項でご確認ください。

合否の発表はどのような形で行われますか?

受験生本人の現住所宛に、速達・簡易書留にて通知します(指定校推薦入試、公募推薦入試においては学校長宛にも郵送通知)。なお、合否に関する電話などによるお問い合わせには、応じることができません。

AO入試の面談・作文で認定が出なかった場合、通知が届きますか?

認定が出なかった場合でも通知をいたします。

認定がもらえなかった場合や不合格だった場合、再度、エントリー・出願することはできますか?

できます。本学を受験し、認定をもらえなかった場合や不合格だった場合でも、それ以降の受験が制限されることはありません。また、合否判定において、以前の受験結果が影響することはありません。

○お問い合せ先 
洗足こども短期大学 入試センター
TEL:044-856-2955