幼児教育保育科について

2年後にはこどもの成長と向き合う幸せな仕事へ2年後にはこどもの成長と向き合う幸せな仕事へ

一つでも、得意なこと、自信を持てる“何か”を持った幼稚園教諭・保育士を育てること。
それが洗足こども短期大学の目的です。
そのために、こどもの発達特性や指導の原理を理論的に学べるよう、
実習を重視した実践的な授業を豊富に取り入れたカリキュラムを組んでいます。
半世紀以上の実績と音大併設の最先端の環境で
資格+αの魅力を持った保育者を目指します。

3つの力が揃った
幼稚園教諭・保育士を育てます

3つの力を高める学びの特色として、独自の表現教育や保育現場で役立つ「引き出し」を増やすことのできる多彩な授業があり、しっかりした専門の知識と技術を身につけ、社会に貢献できる保育者を育てます。

夢を大きく、咲かせる学び夢を大きく、咲かせる学び

多彩な音楽に囲まれて、たしかな技術と豊かな感性を育む

併設された音楽大学の教員によるレッスンはもちろん、幅広いジャンルの音楽と触れ合うことにより、保育の現場で必要とされるピアノや歌などの技術と想像力、感性を育みます。

保育者に必要なピアノの技術習得を徐々に積み重ねています。

ピアノの経験が全くありませんでしたが、音大の先生が1対1で教えてくださることを知り、ここに決めました。「速く弾くより、ゆっくり丁寧に弾くこと」など、先生からのいろいろなアドバイスがとても役立っています。

幼児教育保育科2年生(神奈川県立藤沢総合高等学校卒業)

仲間と作り上げる本格的なミュージカル

2年次前期に選択できるミュージカルの授業。履修生たちは夏の公演に向けて、一生懸命に練習を重ねます。公演当日、心を一つに舞台へすべてをぶつける姿は輝きを放ち、前田ホールは客席の拍手と共に大きな感動に包まれます。
この授業では、豊かな表現力を身につけることと、仲間と一つの作品を作り上げる中でコミュニケーション力を養うことを目的としています。

保育の現場で役立つ、表現力を身につける

日本の代表的な絵本『ぐりとぐら』®を着ぐるみ人形音楽劇として特別に舞台化し、こどもたちを招いて発表・上演します。仲間と練り上げる劇作りと、いきいきとしたこどもたちの反応を感じる経験を通して表現力を養います。

吹奏楽を通じて、仲間と一緒に音楽の表現力を育てる

楽器経験者による吹奏楽演習の授業です。音大講師による本格的な指導、著名な指揮者を招いての本番、大ホールでの演奏と、部活動で吹奏楽を経験してきた学生もさらに表現の幅を広げられます。

仲間と一緒に楽器演奏を楽しむことに集中できます。

中学校で始めた吹奏楽を続けたかったので、授業の中で吹奏楽を演奏できるウィンド・バンドはとても魅力的です。先輩との交流も持て、楽器を通して友だちも増えました。部活のような厳しさはなく、楽器演奏を楽しむことに集中できます。

幼児教育保育科2年生(神奈川県立横浜立野高等学校卒業)

企画から運営まで学生が実施・運営するコンサート〈YOUKON〉

学生が主体的に企画・運営することを良き伝統としたコンサート〈YOUKON〉は、毎年1月に開催されます。多くの授業の中で培われてきた音楽や造形の技術、さらには現場での実習や「ミュージカル」、「ぐ りとぐら」などで得た表現力を総合的に発揮します。授業の成果を確認したり、仲間との感動を共有する代表的なイベントです。

実習は、準備も実践も発見がいっぱい実習は、準備も実践も発見がいっぱい

目的を持って現場に参加してこそ、様々な発見・経験が得られます。保育に関する理解を深め、自信を持って実習に臨めるように、事前準備から実習を終えての振り返りまで、担当教員がきめ細かくフォローします。2年間で約10週間の実習を通じて実践力を身につけます。

「幼稚園教諭二種」と「保育士」の ダブル取得

1年次の4〜7月に基礎的な知識や経験を取得する、基礎実習を実施。 その後、学んだ成果を実践する実習を2年間で経験することで、 現場への理解度を深め、実践力が向上します。 また効率良く履修でき、「幼稚園教諭二種」と「保育士」のダブル取得を可能にしています。

実習スケジュール

実習スケジュール
敷地内の附属幼稚園で現場体験

洗足学園は敷地内に附属幼稚園があり、日頃からこどもの姿を見かけることが多くあります。外部の幼稚園実習へ行く前に附属幼稚園で実習の基礎を学べるだけでなく、自ら希望して行う「自主実習」や、運動会などの行事でお手伝いをすることもできます。

一人ひとりにつく担当の先生の丁寧な指導や助言が心強い。

1年次の実習では、メリハリある関わりの大切さを学びました。遊ぶ時は思い切り楽しみ、真面目な話をする時は真剣な表情で接する。2年次はこどもの発達の特徴を学び、気持ちに寄りそった声かけの難しさを感じながら実践することができました。一人ひとりに担当の先生がつき、丁寧な指導や助言をいただけることがとても心強かったです。こどもたちの笑顔を思い出すたびに力が湧き、やりがいを強く感じます。

幼児教育保育科2年生(川崎市立川崎高等学校出身)

海外幼児教育研修 INアメリカ

2015年度より「海外幼児教育研修」を実施。海外研修を通じて、視野や価値観を一回り成長させることができる貴重な体験です。

海外幼児教育研修 INアメリカ

※掲載内容は2020年度大学案内発行当時のものです。