[Topics] 【授業紹介】造形表現(表現)

2021.11.26|ニュース

「造形表現(表現)」の授業は1年生が履修する通年科目です。この授業の目標は、「ただ作るだけではなく、学生本人が心底楽しみ、自然にそれを子どもたちに「伝えたい」と思う気持ちが湧いてくること」です。乳幼児向けのわかりやすい作り方で作ることを学んでいます。

この日のテーマは「ジャバラ折り」、円のジャバラと帯のジャバラでできる楽しい動くおもちゃです。見本がかわいければ、そっくりマネをして作ってもいい授業です。黒須先生も学生も笑顔が溢れています。単におもちゃを作ることを学ぶだけでなく、楽しみながら、子どもたちにどのように「伝えるか」も学んでいます。

1回作って終わりではなく、子どもたちに作り方を教えること、どこまでの援助が必要か、どんな準備が必要かなどを考えながら、納得いくまで復習し、作り方を身につけることがポイントになります。同じ「ジャバラ折り」でも、色使いを工夫したりかわいいイラストをつけたりするだけで雰囲気は変わり、完成した作品の印象は随分違ってきます。

学生たちは、この造形表現で学んだ楽しいおもちゃ作りを園児に教える日を楽しみにしています。洗足こども短期大学では、幼稚園や保育園ですぐに使える実践的な表現力を学生が身につけるための教育システムを構築しています。